takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

オーラの泉

今日はあまりお勉強はしませんでした。

とはいってもエクセルはちょっと触りましたが。

午前中は、部屋に戻ってから少しベッドで横になり。

あさイチはテレビつけてたけれど見てませんでした。

その後、エクセルをいじって途中でお昼になり。

お昼の後はまた少しエクセルをいじったのかな。

途中でやめて「オーラの泉」を見始めた。

そうしたら止まらなくなって。

立て続けに何本も見てしまった。

 

あれ、自分も言われているような気がするのよね。

人の人生へのアドバイスと教訓なんだけれど。

言われているような気がするのは正しいことらしい。

明日も見ちゃうかも。

 

今は入浴後のひと休みタイム。

朝眠かったから早めに寝るかなあ。

 

明日は会社をやめてから初めて会社の仲間に会います。

自分が借りた本を返すだけなんですけれどね。

多分、長話は出来ないんだろうなあ。

なくしてからわかる仕事のあることのありがたみ。

正直、ちょっと休みたいと思いながら1年間勤めてきた。

ここでこのような形で休みが訪れるなんて思ってもみなかった。

 

でも結局大局的に見たら、今のこうした状況も何もかもがある程度定まっていたことなのかなあと思うのです。

自分では、現場に一生いるのかなと薄々思っていたのですがね。

運命の分岐点。

今、私は分岐点にいる。

これから先、どっちへ行くのかは私が決めること。

誰が決めるわけでもない。

 

私は事務系の仕事がやりたい。

それは気持ちとして変わってはいない。

デザイン込の事務系がいいのだ。

ひとつそれに値する求人があったのだけれど、まだスキルが落ち着いていないので断られるだろうなあ。

 

ちょっと手を伸ばせば届く距離にあるような気がする。

だから、独学で勉強をするわけです。

単に習いに行くお金がないだけでもあるんだけれどね。

 

ちょっと、自分の歴史について改めて振り返ってみようかな。

ノートに記述でもいいし、パソコンに入力でもいいし。

今の自分が一番いいと思うから。

今はいろんな意味で楽になりました。

 

若いころ、私は自分が「呪われている」と思っていました。

岡村靖幸もそう感じていたらしい。

不思議だよね。

今は決して呪われているなどとは思わず、むしろいろんな意味で助けられてきた人生だなあと思う。

身を持ち崩してはならない。

そう思うけれど、ちょっと羽目を外してみたくなることもある。

そのバランスをとるのもちょっと難しいかも。

 

この機会に、自分の人生の棚卸をやってみようかな。

一覧表を作ってみようかな。明日ね。