takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

性格

さっきまで、従姉妹の性格悪い?????って思って怒ってました。

水曜日のことでした。

母の勤務先にテレビの取材が入ったのです。

勤務先は静岡県内の焼きそばの町のある有名な滝の近くにあります。

そこにタレントさんがそば打ちの体験に来たのです。

タレントさんは、嵐のア〇バ、カツマ〇、ハラ〇チ、あともうひとり誰か。

多分ア〇バマナブのロケだろうと思います。

それを知って従姉妹から連絡がありました。

羨ましかったようです。

 

うちの母はア〇バくんとカツマ〇さんに話しかけたとか。

とはいっても、「いつも見てるよ~!」「ありがとう!」くらいのやりとりなんですがね。

従姉妹本人は、ドン〇西と小島よ〇おにしか会ったことがないそうです。

私が、城咲〇のディナーショーで「ジャンケン大会で勝ってケーキをあーんしてもらうという事態に陥った」ことを話したら…。

 

「誰だっけ?」というのです。

元ホストだよと教えたら、「人気ないよねー。プププ」みたいなノリの返事が。

人が過去にせよ、本当に好きで応援していて見に行ったものを「人気ないよねー」で済ますとはなんと無礼な!と怒っていました。

 

しかし、今はスッキリしています。

なぜならば、その後、それをなんとなくはぐらかして暑いねと言ったら…。

かわいい顔文字を打ち込んでくれたのです。

そして、simejiというアプリのことを教えてくれたのです。

これがかわいいのでご機嫌になりました。

私は馬鹿です(笑)

あとで携帯から更新してそのかわいい顔文字をいくつか載せますね。

 

それにしても、従姉妹の態度はいかがなものか。

怒りは消えたものの、疑問は残っています。

従姉妹はニッシーや朝ドラのアサイチが好きなんですよね。

確かにふたりは人気あるけれどね~。

アサイチは私も好きだけどね~。

 

誰かが本気で好きだった相手を侮辱するようなことはよくないと思うなあ。

私だって、目立つの嫌でさ、ジャンケンに勝つ気はまったくなかったのよね。

なのに勝ってしまって、舞台の上に上げられちゃったのよね。

そのとき、私の手を幽霊さんがグーからパーに変えたみたいなことがあったのですよ。

本来は負けるはずだったのに。

幽霊さんがです。

だから自分が一番びっくりしてました。

 

ケーキはホテルメトロポリタンの6000円もするケーキだったのでおいしかったです。

いや、自分が土産でもらったやつはおいしかったです。

舞台の上ではそんな余裕はなかったです。

実は、意外と顔が大きいかもとか思ってしまったよ…。

ドキドキするというよりも…。

それもある意味の余裕か…。

 

ケーキにはデカデカと自分と相手の名前が描かれていましたよ(笑)

証拠写真はハードディスクの中にあるはず。

実は、ディナーショーの後に熱烈ファンの人に奪われそうになったケーキ。

大事に守って静岡に帰ったために食べた時には崩れていました。

そのときは、確か品川駅の近くのホテルに泊まったのかな。

 

そんなことをつらつらと思い出したのは、従姉妹との会話からだったのですよね。

侮辱されたのは本人に代わって悔しんでおきますけれど。

でも、思い出したのはいいことだったのかもしれないなあ。

今はもう、城咲さんのことは特に応援はしていませんが。

でも、悔しいものです。

 

今日は午前中は「オーラの泉」を見ていました。

午後は、コピーに行って帰って図書館へ。

借りた本とCDを返すため。

そして借りてくるため。

また、イラストレーターとワードとエクセルの本を借りてきました。

ついでにロキノンジャパンも借りました。

細美さんのインタビューを読んでいたなあ。

 

何気なくかけていたサラ・ブライトマンのCDの中に気になる曲がありました。

その曲は、「クエスチョン・オブ・オナー」という曲です。

その中の、「ラ・ワリー」というオペラが気になったのです。

この曲、映画「DIVA(ディーバ)」で使われている曲だったのです。

昔、レーザーディスクを持っていたのですよ。

 

映画の中で歌姫が歌う「ラ・ワリー」の「さようなら、ふるさとの家よ」という曲はとても魅力的だったのです。

素敵な声でした。

誰が歌っていたのでしょうね?

女優さん本人かなあ?吹き替えかなあ?

 

マリア・カラスの歌ったバージョンがあったので何度もYouTubeで聴きました。

何気なく借りてきたのに、自分が好きな曲が入っていた。

とてもうれしかった。

映画のことも曲のことも忘れていたけれど。

 

 


カタラーニ 《ラ・ワリー》「さようなら故郷の家よ」マリア・カラス - YouTube

 

この曲です。

今度、図書館行ったら「ラ・ワリー」借りてきます。

クリップボックスでダウンロードしちゃった。

ついでに細美さんの「レット・イット・ビー」も。

 

音楽って不思議です。

些細なことで機嫌が直るように、些細なことで気持ちが晴れるように。

人間も不思議です。

自分の心も不思議です。