takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

小さいおうち

Huluで「小さいおうち」を見ました。

黒木華ちゃんが賞をとったことでも知られていますね。

私もそれを念頭において見ていたので、ハルちゃんやっぱりうまいなーとそこにばかり目がいってしまいました。

でも、全体的にはおもしろかったです。

 

少しなまった素朴な人の役をやらせたらうまいよねー、ハルちゃん。

天皇の料理番」も見ていましたが、あれも良かった。

あっちは俊子で、こっちはタキ。

純と愛」では意地悪な役をやっていたのでなんでも出来るのよね。

あれで良かったのは吉田羊さんと黒木華ちゃんくらいよね。

 

小さいおうちに戻りましょう(笑)

松たか子の「美人妻」が板についていなかった気がします。

どことなくぎこちない感じがするなあ。

深みのある演技が出来ない人だよね。

嫌いじゃないんだけれどね。

 

不倫相手の板倉さんがまた微妙な感じで。

吉岡秀隆さんはうまいなあと思ったんですが、あれだけの理由で好きになるかなあと。

夫との間がうまくいってなかったとすれば、優しくしてくれた板倉を好きになってもおかしくはないかな。

 

私自身が不倫の状況になったことがあるのですが、最初はいいけど後が良くなかったので。

背徳感は常にあるしね。

人のものを獲って生きるのは良くないなあと思いましたよ。

 

奥様と板倉さんの間にあっただろうことがタキちゃんの目線で語られるわけです。

一言でただの不倫と言ってしまえばそれまでなのですが、でもハルちゃん効果か私はおもしろいなあと思いました。

 

ハルちゃんが醸し出す素朴で優しいあったかい雰囲気が映画に説得力を持たせていると思います。

今の時代にはそれほどセンセーショナルではないけれど、タキちゃんにとっては秘めた恋と手紙のことは相当に大きな出来事だったのがきちんと理解出来ました。

演技力の賜物ですよね。

 

それにしても松たか子って素人っぽいよね。

演技派ではないよね。

ハルちゃんがなりきってるのに比べて、なんとも市井の普通のご婦人っていう風にしか見えないというか。

奥様という貫禄とか、匂い立つ色香とかあまりない。

ちょっと負けている気がしますね。

 

松たか子は一度舞台を観に行ったことがあります。

「おはつ」です。

佐々木蔵之介さんを目当てに行ったのですが、やっぱり松さんの演技があまりよろしくなくて、いまいち感動出来なかったです。

 

小さいおうちは素朴さが前面に出ていて。

確かに戦争中のことなので今の人から見たら戦争中にそんなウキウキしたり明るかったはずがないと思ってしまいますよね。

劇中でタキさんの妹の孫である健史が指摘している通りに。

でも、日常は暗いばっかりじゃない。

シリアスなことはもちろんあるけれど、明るいことだってある。

だから、私は非日常だとは思わないです。

 

おもしろかったと思います。