takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

琴平神社

琴平神社」に行って来ました。通称は「こんぴらさん」。

金刀比羅宮とつながりがあるようですね。同じこんぴらさんだもんね。

「琴平」で「ことひら」と読みます。

静岡県の富士宮市にあります。

 

なぜ行ってきたのかというと…。

なんだか呼ばれているような気がしたからです。

呼んでいたのは過去の自分だったかもしれませんが。

 

昔は万野原新田というところに住んでいました。

母が若いころにはまだ未開の地で「まんのっぱら」と呼ばれていたようです。

水がなくて開墾がなかなか進まなかったらしいですね。

明治時代にようやく開墾されたけれど、リーダー格の方が亡くなってとん挫したようです。

 

万野にいたのは中学校の3年生まででした。秋に引っ越したのです。

今の家に引っ越してきてから体調が悪くなったのですよね。

なので当初はここの家が嫌いでした。

きっと近所にある鉄塔の電磁波が原因だと思います。

 

いつだったか、やっぱり同じように気になって神社に行った気がするのです。

でもそれもなぜかうろ覚え。

道中、猫に出くわして挨拶で「ニャー」と泣かれたことは思い出しました。

 

今日は記憶力の低下を思い知らされました。

場所はおろか、検索するまで神社の名前も忘れていたのです。

「天神さん」だと思っていた。

実際は「琴平神社」ですものね。ボケすぎです…。

地図見てもわからなくて、ご近所さんに伺ってようやく判明しました。

 

敷地内には弓道場があって、今日も練習をしていました。

ビーンという懐かしい音が聞こえていました。

高校の時に弓道部の活動する音が美術室にまで聞こえていたのですよ。

なので、どこか懐かしい。

 

f:id:takaya567:20151002204535j:plain

 

敷地内の反対側には相撲の土俵もあります。これは記憶の通りだった。

小学校の頃にお祭りでよくお神輿を担いで歩いて行ったんですよね。

万野団地の上の方からだったので結構歩いたな。

 

想い出いっぱいのはずなのに名前も忘れていたなんて。

信心が足りていないですよね…。

どうしても思い出せないながらに気になって気になって仕方がないので下調べもなしで行ってしまったのです。

調べて行けよ、自分(-_-;)

 

f:id:takaya567:20151002205043j:plain

 

狛犬ちゃん。

 

境内はこじんまりしています。

人気は弓道場以外はまったくなし。

夕方とかになれば子供がいるのかもしれませんね。

 

参道には今年奉納された石塔なんかもありました。

朱塗りも綺麗だったので何年か前くらいに塗ったのかもしれませんね。

検索で琴平神社のことを書いたページを見つけたのでリンクを貼りますね。

 

万野原 琴平神社 : 富士おさんぽ見聞録

 

この方、詳しいですよね。

 

秋のお祭りは10月10日なのでもうじきにやるのかもしれませんね。

お神輿ちょっと見たいかも。

 

開墾の時に水がなくて困ってこんぴらさんにも頼ったみたいですね。

そんな過去があって今の生活があるんですね。

 

境内の土が大沢崩れの土みたいな火山性の土でザラザラジャリジャリしていました。

赤紫だったので多分、大沢崩れのだと思います。

まさしく、火山性の土が原因で水もなく入植が大変だったそうです。

今は団地として発展しているので何の不自由もないと思いますがね。

ないのは本屋さんくらいかな。

本屋さんはうちの近所にもないけれど(笑)

 

今日は夏日だったのに長袖を着てしまい、ちょっと暑かった。

境内は日影があって涼しかったです。

まあ、神域ということもあって涼しいのでしょうけれど。

 

今の家の近所の八幡宮はわりとよく行くのですが、昔の馴染みのこんぴらさんは忘れていただけにどこかで警鐘が鳴り響いていたのでしょうね。

行ってきたことで少しすっきりしました。

すっきりしすぎて母に言われたことを8割がた忘れてしまいましたけれど(笑)

 

海上の交通安全が一番のところだからそういう意味では八幡様とは近いのかも。

と思いましたが、八幡様は武士の尊崇を受けていたのですね。

でも神功皇后って海に関係してたんじゃなかったっけ。

 

どことなくワニのイメージがあります。

実際はワニ関係ないかもしれませんが。こんぴらさんにね。

ワニとかヘビとかなんか気になるので水に注意した方がいいのかもしれません。

道祖神様も最近会ってないしなあ、気になっています。

お墓参りもご無沙汰しています(-_-;)

 

調べてから行けばまた一味違った楽しみ方があったのに。

バカな自分です。反省。次に生かすぞ。

気になって万野のことも調べたり、道祖神も調べたりしていました。

 

松戸には松戸神社と金山神社があって、金山さんはよく通り過ぎていたなあ。

夜とかも通りかかっていたので今思うとかなり危なかったかも。

現実的な意味でも神域的な意味でも。

金山さんてそういう神社だものね。

あ、もちろん、他の神社もたくさんあると思います。松戸は広いので。

自分が住んでた場所に近かったのが金山さんと松戸神社っていうことです。

松戸神社の水晶は今も持っていてカギにつけています。

 

おでんを作ることをすっかり忘れていたり、昆布を仕舞うことも忘れていたりして怒られてしまった今日です。

でもお参りしたことは良かったなあと思っています。

しかし、なんでワニが浮かぶのかなあ。

 

とにかく、水に気を付けてみよう。

意外と気になる事って神様の意志が働いていたりするので。

神社のおみくじとかお寺のおみくじとか。

よく痛い言葉を頂きます。

あれってちょうどいいタイミングで来るよね。

富士山本宮浅間大社浅草寺は本当によく痛いことが書かれているよ(-_-;)

それだけ霊験あらたかなのかもしれませんね。