読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

飽和か、不足か

こんにちは。

飽和状態なのか、不足状態なのか、なんだかもやもやとしています。

先日ここに書いたお勉強の事、半ば自分の中で決めているにも関わらず、どこかに迷いがあります。

やっぱり交通費が凄くかかるので。

 

やりたいにはやりたいんだけれど、なんか迷っています。

母は納得したというのに。

なんでしょうね?(笑)

 

今日は何かする気になかなかなれず、細かい雑用しかしていません。

ほぼ何もしてないという。

suicaもなかなか来ないし、マイナンバーもなかなか来ないし。

なんだかすっきりしない気持ちです。

 

明日はゆたぽん(接骨院)に行って来ます。

ついでに開店のセブンイレブンにも寄るつもり。

最近、家の近所にセブンが増殖しています。

ここ2年間くらいで3件も増えました。明日の開店のところで3件目。

セブン好きなのでいいのですが、正直、そんな近くに作ってかち合わないのかと。

ちょっとだけ心配になります。

明日出来るところが一番近いので、今後、お金の出し入れはそこですると思います。

 

お勉強に清水まで行くとなると経費がかさむのでかなり節約しなければなりません。

そこが迷うところ。

習ってみないとどんな雰囲気かはわからないしね。

でも、多分行けば行ったでやった価値があると思うと思うのですがね。

 

来週まで待って考えて決めようかな。

その方が後々後悔しないで済むよね。

早く応募したから早く選考に受かるというわけじゃないので、ゆっくりでいいよね。

 

通うとなると認定日を変えてもらったり、就職活動を富士か清水で行う必要が出てきます。

ちょっと面倒なことになりかねないけれど、でもやっぱりやりたいなあ。

 

そういえば、昨夜甥っ子からいきなり頼まれたことがありました。

「家紋は何?」というのです。

確か、昔お墓で撮った写真があったなあと思いつつ探してみたら。

ありました。

メール添付で送りましたよ。

「丸に違い羽」とか、「丸に違い鷹の羽」とかいうそうです。

いったい何に使うんだろうと思いつつ(笑)

 

武士が好んで使った家紋だそうです。

好んで使ったということは、先祖伝来のものではないということですよね。

勝手に変えられたんですものね。

昔は苗字も家紋も。

 

亡くなった母方の祖父が名前を変えているのですよね。

わりと現代的な名前だったのに一気に古臭い名前に変更してしまったという。

画数とかを見る人だったのでそういう意味で変えたかったのでしょうか。

 

ちなみに私の本名は26画で縁起が悪いです。

昔、ちょっとしたトラブルがあった時に改名するかどうかで迷って、結局元に戻ったことがありました。

画数も大事だとは思うけれど、一番大事なのはその人の心の状態ですよね。

名前がいくら最高でも本人が何も受け付けない状態だったら意味がない。

そんなふうに思います。

 

ここ数日、薬を飲むのを忘れていました。

たまたま、薬が他のもので隠されてしまっていて見えなかったので自分も気づかなかったのです。

飲み忘れても何も起こらないのでやめても平気なのかなあとか思いつつ(笑)

 

献血したいので出来れば薬は飲みたくないのですが。

今は一応病院にかかっているので飲んでおきます。

将来的にはやめられるようにしたいです。いろいろあるからね。

 

さて、夕飯の支度をするまでに1時間だけあります。

この時間に何をしようかな。

新聞屋さんが来ました。

私もいずれまた働くのですが、今は海のものとも山のものともつかないなあ。

どうせ働くのなら今までとは違った業種で働きたい。

楽しい仕事にしたい。

そしてずっと続けたい。

そのために何でも出来るようにしたいのです。

可能な限り、自分の手で何かを作り出せるように。

 

パソコンは好きですが、得意かと言われれば「中級」ですと答えます。

「上級」ってメーカーのサポートくらいの知識と技術だと思うので。

それ以上か。

自作のパソコンが作れるくらいの人が上級かな。

ソフト開発したりとかそういう感じか。

ひとつずつ出来ることを増やしていこう。

 

人生は何があるかわからない。

どこでどう曲がるのかもわからない。

いつ何時、新しいことが始まるのかもわからない。

 

人との会話も粗末にしないできちんとするべきですね。

きっかけはどこかにある。

それに気づけるかどうかなんでしょうね。

 

いつまでも興味を持っていろんなことにチャレンジしていきたいと思っています。

だけど、手先は不器用なので手先の仕事は出来ない(笑)

出来ることを伸ばそう(笑)