読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

鼻風邪

またまた鼻風邪をひいたようです。はう。

鼻水ばかり噛んでいるのでトイレが遠いよ…。

早く治れや、風邪ちゃんよ。

ちょっと薄着しているとダメですね。気を付けないと。

 

やりたいことはいっぱいあるのに、気力がなえます。

へにょへにょへにょ。

夢見も悪かったし。

殺されそうになる夢をふたつも見ました。

その都度、反撃しては撃退するのですがね。

 

昔、子供の頃に殺される夢を見たこともありました。

成人してからもあったかな。

裏写しだとすればいいのだけれど。

精神が健全でなくなっているかなあ。

まあ、なんかいいね。不健全(笑)

本来人は不健全なもの。

でなきゃ、子孫は残せない。

 

今もどこかで困っている人がいるというのに、自分はのうのうと鼻風邪ひいています。

早く治って楽しくしているんだ。

それが自分のため、ひいては人のため。

自分が楽しければ余裕も出来る。

精進、精進。

 

宿題をやるはずだった今回の連休。

早くも明日のみを残すばかりとなりました。あう。

ひとつは片付いたけれど、もうひとつはまだ手付かず。

ミラージュも読めていないしなあ。

 

それにしても、どうして私の周りには「突然一方的に電話をかけてくる嫌な友人」がいるのでしょうか。

ふたりだけなんですけれどね。

会っても楽しくないし、好きでもないので無視しています。

FBとかでも友達申請されるけれど無視しています。

嫌いなんだもん。

 

ちょうど同じころの知り合いだなあ。嫌な人。

電話の仕事をしていたくせに。今でもしているくせに。

突然、かけられるのが嫌なのです。

しかも、嫌いとあってはね。無視しますよ。

会いたくないもん。

 

自分を嫌いだったころの知り合いはなんかもう会いたくないです。

思い出すからじゃなくって、単に波長の法則で嫌な空気の人達だったから。

つまり、自分もそんな空気を出していたということですね。反省。

 

好みが合うわけでもないし、仲がいいわけでもない。

親密にメールのやりとりをするわけでもない。

いきなり、当然のように架電してくる。

なんなのでしょう。

 

好きな人からの電話だったらいいのになあ。

好きな人、今はいないけれど。

好きな友人はいますが、好きなのでちょこちょこ連絡取るし。

いきなり電話はかかってこないし。そういう場合はね。

 

前に会ったこともないSNSの知り合いが毎日電話かけてきて鬱陶しかったなあ。

果てにはこっちからかけろとか言われて。

ウィルコムだったなあ、そいつの携帯。

美術館もひとりで行けないから一緒に行ってくれとかね。とにかく鬱陶しかった。

 

なんか愚痴になってますね。すみません。

楽しい話にしよう。楽しい話。

うーむ。

 

昼間もちょっと買い物へ。

封筒を出しつつミニストップへ。

ひさしぶりにミイルも更新したなあ。

あまおう苺食べました。

おいしかったけれど、もう少し甘酸っぱい方がいいなあ。

 

ハックドラッグへ行って。

酔い止めとか下痢止めとかを買って。

ついでに買ってしまったものが、みんなカインズの方が安かったと気がついて。

がっくりしたなあ。

カインズではローションティッシュのみにしましたよ…。

ハックめ!

 

ああ、風邪は嫌だね。早く治れ。

 

帰宅してからは昼ご飯食べて、片づけて、部屋行って何していたかなあ。ネットかな。

鼻を噛んでばかりいた気がしますよ…。

夕飯はサーターアンダギーみたいなの作って。

ほろほろ崩れる感がいいね。ちょっと甘いけれど。

 

イラッとしたので牛乳飲んで。今に至る。

はふ。

 

こういうなんとなくかったるいときにはテレビはつけずに無音でいたい。

静かなの好き。

静かすぎると不安になるけれど。

それも昔の話かな。

今は不安にはならないかな。

 

今はいろいろ平和です。

体重が増えてしまったこと以外は昔よりも今の方がずっといいなと思います。

強く明るくなりましたよ。

あくまでも自分比なのですがね。

 

年を取るっていいことです。

許容量が増えました。

まだ40代。もう40代。どっちも正しい。

 

いつか結婚出来るといいな。

人生のパートナーは欲しいのです。

誰でもいいわけじゃないけれど。

 

誰でもいいわけじゃないから振った。

それでいいんだ。

だって好きじゃなかったから。

 

今日はなんだかダークですね。

鼻水が鬱陶しいのでついつい(笑)

まあ、そんな日もありますよ。

 

読んでくださる方には申し訳ないことです。

明日は上がれるかな。

もうちょっと上にね。