読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takaya567の日記

日々起きる様々なことを綴るブログです。

なんとなくうれしい

なんとなくうれしいことがありました。

先ほど読んだ記事のことです。

 

HTMLとCSSの本について何冊か紹介しているところがありました。

私が持っている本が3冊も入っていましたよ。

初心者向けではない中級者向けの本ですがね。

 

初心者にはソシムの本がいいと思います。私は。

ほんとうに、一から学べるので。

本屋さんで実物をよく見ながら選ぶ方がいいです。

自分のレベルに合う本でないと意味がないからです。

ネットで買うのはある程度実力がついてからの方がいいかなと思います。

そうでないと失敗する気がします。

 

www.ituore.com

 

黒い本と白い本と事典を持っています。

白い本は撫子作るのにお世話になりました。

もともとはJavaScriptの勉強のために検索したサイトなのです。

もちろん、JavaScriptのページも見るのですが、こういう記事を見るとうれしくなります。

 

実は先ほど月曜日に面接した派遣からお断りのお電話が来まして。

うれしくはない気持ちだったのですが、なんだか吹き飛びました。

まあ、ダメなら早く連絡してほしいからそこはクリアしているのでいいかなと。

自分以外の人が実際に就業してみて使えなければいいなあとか意地悪いことを考えましたよ(笑)

落とされたからね。

 

まあ、縁がないということで。派遣はもう行かないことにしましょう。

あとはバイトか、企業が直接求人票出してるところにしましょうかね。

まだWebの会社の合否がわかりませんので可能性はないとは言えないけれど。

あまり期待はしていません。

若い人とか、実務経験のある人とかいるだろうしね。

自分はやる気だけはありますが、実力は怪しいし。

趣味でサイト作るくらいの人はいくらでもいるので。

いい気にはなれません。

 

愚痴る暇があったら勉強。それかお掃除。

バイトしながら探す方が効率がいいよね。コンビニでもいいじゃん。

お金になればなんだって。

そう思いつつ、自分がやりたいことに目標を定めてしまいがちです。

 

自分を選ぶのは賭けなんでしょうね。

賭けに賭けてみる気がいのある人はあまりいないかもしれません。

でも努力はするし、後悔させないようにもするつもりなのになあ。

 

誰を雇ってみても賭けには違いないのになあ。

選んだ人が使えるかどうかはわからないのにね。

まあ、選ぶ側も大変なのはわかるのですがね。

こっちとしては選んでほしいよね。

 

月曜日の面接で採用担当の人とそんな話をちらっとしたのです。

落とされても恨む気はあまりありませんね。

もう一つの方はね。

さっき連絡があった方は遅れてきたりしたので…。いい加減だなあと。少し思いますが。

 

派遣には期待していない。もうね、いい。

もしかしてとは思いますが、多分みんな断ってくるからね。

今に見てろとも思いつつ。

採用担当も大変だなあと思いつつ。

 

派遣の採用担当は人を見る目があるのかないのか。

わかりません。

経験値だけで決めるのもね。

いろいろ難しいよね。

自分がそういう人事の人だったらいろいろ悩みそうです。

その人の気持ちになってしまったりすると思うので。

 

電話連絡さえもない派遣はたとえ大手でもダメなところだなあと思います。

電話してくれるだけでもマシなんですよね。

結局、その程度の派遣なんですよね。

ものすごく大手なのに。福利厚生とか充実度を大きくうたっているのに。

 

困ったときだけ連絡してきてしつこくすすめるんだよね、そういうところって。

過去を振り返ってみています。

まあ、今頃そんなこと言っていても仕方ない。

愚痴はやめよう、自分。

 

派遣を通さないで自社募集しているところを狙うか。

バイトしながらね。

そうでないといろいろと不義理になってしまう。

 

あ、そういえば、月曜日の面接の時に副業オッケー言ってたな。

ふと思い出しました。

いいなあ、そういうところ。

 

時刻は11:46。

そろそろ、お昼の支度ですよね。

いつもほとんど朝の残りで済ませていますが。

 

水回りの掃除もしないとなあ。

ハロワにも行きたいなあ。

申し込んできたいところがあります。

採用枠はひとりなので厳しいだろうとは思うのですがね。

だから多分ダメなのでバイトしたいなあと。

 

コンビニも受かるかどうかわからないしねえ。

しくしくしくしく。

 

スベクヒャンも見ないとな。

月曜日はうっかりしていたので昨日と今日の分を。

すでに見覚えのある内容なので、どっちでもいいんだけれどね。

 

そろそろ、階下へ行きますかね。